クレジットカード比較でポイント還元率を調べよう

クレジットカードを利用するメリットのひとつがポイント還元です。現金で買い物をすればそのままお金を払って終わりですが、クレジットカードを利用することで、買い物をした金額に応じてポイントが還元されます。そのポイントを使って次のお買い物を安くできたり、カードの種類によっては何かと交換できるというサービスも用意されています。少しでもお得に利用するためには、この還元率が高ければ高いほどいいというわけです。クレジットカード比較が重要になってきます。申し込みの際に各クレジットカード会社のポイント還元率を比較することで、お得なカードを見極めることができます。平均的な還元率は0.5%に設定されていることが多いので、これ以上の還元率をうたっているところはお得に利用できることになります。

どのように還元率を比較したらいいのか

クレジットカード会社の公式サイトには、お得な情報が大きく記されています。どの会社も魅力満載で迷ってしまうぐらいです。クレジットカード比較するとき、ぜひ還元率も比較対象のひとつにしてください。還元率を掲載していないホームページもあるので、いくら利用すれば1ポイント加算されるのか、これを付与ポイントと呼びますが、これを計算することで還元率を導き出すことができます。
例えば、200円使うごとに1ポイント加算されるとします。この場合は1÷200=0.005となります。利用した金額の0.5%がポイント付与されるということです。最初にも話しましたが、平均的な還元率が0.5%なので、200円で1ポイントは平均的な数字と解釈できるというわけです。

還元率が高いクレジットカードを選ぶなら

クレジットカード比較するポイントはいくつもあります。その中で還元率に重点をおきたい場合、そのほかに何を確認したらいいのかアドバイスしていきましょう。まずは年会費が無料かどうか。中には年会費がかかるタイプもありますが、無料でも十分なサービスを受けることができるので、年会費無料のタイプを選ぶといいでしょう。
それからポイントが付与されてからどのぐらい有効期限が設けられているのか、こちらも確認してください。頻繁にカードを使って買い物する場合はいいですが、たまにしかカードを使わない場合では有効期限によって損をする可能性もでてきます。あとは、お買い物だけでなく、携帯電話やETC、公共料金などの支払いでもポイントが付与されるタイプもあるので、たくさんポイントを貯めたい場合は貯めやすさも確認しておきましょう。