野田市の斎場では人数に応じた家族葬が出来ます

宗派を問わずに利用することが出来ます

野田市の斎場では、少人数でアットホームな雰囲気の家族葬を行っています。現代は家族や親戚、親しい友人だけに参列してもらいたい人が増加しています。40代、50代の働き盛りの人に比べると、退職をした人は人付き合いが減っており、年齢を重ねると親類も少なくなってきます。地元で評判の高い斎場なので、予算に応じた料金プランを選ぶことが出来ます。参列する人数が少ない場合は、費用を抑えることが出来ます。マンションやアパートで生活をしており、遺体を安置する場所がない場合は、斎場で遺体を安置してもらえます。ドライアイスなどの費用も含まれているので、料金プランもわかりやすく明瞭になっています。一般葬と同様にお通夜と告別式の両方を行うので、僧侶による手厚い読経や供養をしてもらえます。宗派を問わずに利用ができるので、幅広い年代にお勧めです。

生前からお葬式の相談をすることが出来ます

長い間両親や配偶者の介護をしていた人は、精神的、肉体的にも疲労を感じています。70代ぐらいの年齢になると、終活を始める人が多く、子供や孫などに葬儀の負担を掛けたくない人が増加しています。野田市の斎場では、事前に電話で申し込んでおくと無料相談を行っています。自分らしいお葬式をするために、生前から葬儀のプランを選ぶことが出来ます。子供や孫に経済的な負担を掛けずに、自分らしいお葬式をしたい人は、まずはスタッフに相談をしてみると良いでしょう。家族葬に使用する祭壇も、豊富なデザインが揃っているので、じっくりと比較すると良いでしょう。一般葬に比べると、参列する人数が少ないので、費用を抑えた葬儀を行うことが出来ます。斎場には広い駐車場が完備されているので、マイカーで移動をすることが出来ます。

温かみのあるお葬式をすることが出来ます

家族葬は温かみのあるお葬式をしたい人や、なるべく費用を抑えたい人にお勧めのお葬式です。写真や映像、音楽などを使用しますが、余計な部分には費用を掛けないので、料金を安く抑えることが出来ます。野田市の斎場は火葬場が隣接をしているので、高齢者や体の不自由な人も移動がしやすいです。室内はバリアフリーの設備が整っているので、段差が少ないのが特徴です。高齢で杖を使用している人も、転倒を防ぐことが出来ます。温水洗浄付き便座が完備されているので、衛生的にトイレを使用することが出来ます。遺族や喪主が疲れを取るために、休憩室やシャワールームなども完備しているので、ゆっくりとくつろぐことが出来ます。お通夜や告別式では、僧侶による丁寧な読経をしてもらえるので、心を込めた供養が出来ます。