aga治療に必要な費用と治療期間についての説明

agaとは、男性型脱毛症の事です。成人男性によくみられる、薄毛の状態を指します。思春期以降、頭頂部の髪や額の生え際が、どちらか一方、もしくは両方薄くなります。原因としては、男性ホルモンの影響、遺伝、ストレス、生活習慣だと言われています。男性ホルモンは、一般的には鬚や体毛を濃くする働きを持つのですが、前頭部や頭頂部の毛包にとっては軟毛化現象を引き起こすものになり得るのです。それに、薄毛には遺伝要素が大きく関係していると言われています。髪が、というよりは体質の遺伝です。ストレスや生活習慣は、ご存知の通り、髪の毛だけでなくさまざまな疾患の原因になり得るものです。ある程度年をとっていれば仕方無いですまされるかもしれない薄毛ですが、若い時から発症してしまうと、コンプレックスになってしまいます。では、aga治療はどのようなものがあるのでしょうか。

aga治療の種類と方法について

agaは、発症したら進行します。治療をしないと、どんどん症状が悪化します。特徴としては、薄毛になっていても産毛は残っているという事です。毛包がある限り、髪の毛が太く育つ可能性は大いにあります。そこで、治療という選択肢が出てきます。aga治療は、大きくわけて3つあります。一つ目は、治療薬による治療です。これは最も一般的な治療法で、主に2種類の薬を併用して行ないます。二つ目は、頭皮への注射による治療です。文字通り、頭皮に直接薬効成分を注入する事で、薄毛を解消しようという治療方法です。こちらには薬が2種類あります。三つめに、植毛や増毛などによる治療です。植毛は外科手術になります。増毛は人口毛を結び付けたり、シートを貼り付けたりして髪の毛を増やす方法です。agaの進行具合によってどれを選択するかを決めていきます。

aga治療の治療期間と費用について

植毛や増毛は別としても、薬による治療では、即効性は期待出来ません。最低でも6か月以上はかかると考えていた方がいいでしょう。もちろん、それは進行具合にもよりますので、軽い人はそのくらいで効果を感じるかもしれませんが、進んでいる人はもっと時間がかかる事が多いです。aga治療は保険の利かない自由診療です。ですので、仮に月に一回程度の通院だとしても、費用はかなりかかってきます。具体的には、内服薬で5千円から1万円程度、注射治療で7万円から8万円程度、自毛植毛で1000本90万円から100万円程、人口毛植毛だと1000本26万円程度となっています。また、これらはクリニックによって幅がありますので、注意してください。いずれにしても、無料カウンセリングをおこなっている病院も多いので、気になる方は一度訪れてみるといいでしょう。